イメージ

かたや兵庫ではtwitterは廃れて、出会い系サイトが増えている

兵庫県芦屋市在住 K.Sさん(47歳)
日本全国、どこへ言ってもtwitterという単語を聞かないことはないですね。私たちの会社でも、たまに「twitterなんかを使って、面白いことはできないのか?売上アップにはつなげることはできないのか?」なんていう話会議でも出てきたりします。正直、そんなに甘いモノじゃないよと言いたいんですけど、上司にさすがにそこまで直接は言えないので、やんわり無理であるということを伝えています。

特に兵庫ではtwitter出会いができないからという理由で、出会い系サイトの方に移るユーザーが多くなっていると聞いています。どういうことかというと、最初はtwitterを使えばビジネス利用もできるという話だったのが、次に出会い系サイトを超える出会いができるという風に宣伝されたのです。にもかかわらず全く出会いがないということで、みんな怒って、出会い系サイトに移っているというわけです。

まぁそういうわけで今はtwitterよりも出会い系サイト、という流れが出来てしまっているんです。実際に私の友人もこの流れにいち早く乗った一人です。元々twitter出会いの流れにもいち早く乗ったために、驚くほどtwitter出会いがなくて、今まで使っていた出会い系サイトに戻ったというわけです。

おかげで、彼にも彼女ができたという情報を聞きました。元々そんなに嫌われるようなタイプでもないですし、見た目もそこまで悪くはなかったんですが、twitter出会いをしてから、全然出会えなくても落ち込んでいた彼を見ているので、ちょっと心配でした。でも、ちゃんと彼女を作れるようになってよかったです。

流行に乗ったら何かできると思うのはどんな人でも一度は勘違いすることだと思います。だから恥ずかしいことじゃないんですけど、やっぱり出会い系サイトのほうが私もいいと思いますよ。