イメージ

外国の方がtwitterを使い、出会い系サイトを使うという京都の街

京都府京丹波町在住 D.Sさん(37歳)
ご存知のように、京都という町はかなり特殊な街出、昔からの雅な文化が未だに根強く残っています。床どこなんかはまさに京都らしい風景の一つでしょう。舞妓さんもいれば、京都料理というとかなり高級な和食として君臨しています。私はそんな京都に住んで長いんですが、大好きな街です。

そういう京都という町は日本でも特殊なので、出会い系サイトを使っていても、外国人の方と出会うことがあります。これは外国の方々が京都の文化に惚れ込んで、京都に住んでいるということも大きいようです。だから、彼女たちは京都に住みながら出会い系サイトで彼氏を探したりしているというわけです。

ちなみにtwitterでも京都の風景なんかをつぶやいている人たちは多いんです。写真を撮ってtwitterでつぶやいて、世界中に発信しています。こうやって世界に京都の良さが発信されていくと、すごい嬉しいですよね。でも彼らのほとんどは観光客なので、出会い系サイトのようにうまく付き合ったりということはありません。ほとんど出会えずに終わります。

これは日本人でも同じなんです。日本人でも出会い系サイトで募集している人たちは京都かもしくはその近くに住んでいる人たちで、出会いを求めているので、付き合ったり恋人に発展するということはあります。でも、twitterは京都の祭りや建築物を見に来ているということが多いので、そういう人達にメッセージを送っても意味がありません。

だから京都に住んでいる人からすれば、半ば当たり前の常識になりつつあるのが、出会い系サイトを使わないと出会えないということです。twitterなどのサイトでは出会えないので、出会いを求めている人は結構少ないことに驚くと思います。こういう点でも、もしかしたら京都は特殊な街なのかもしれません。