イメージ

温かい宮崎の気候は出会い系サイトがtwitterよりも似合うのだ

宮崎県清武町在住 K.Zさん(32歳)
暖かい気候で有名になっている宮崎ですけど、実は巨人がキャンプに来るくらいしか、昔は町おこし的なイベントというのはなかったんです。それが今では知事になってくれた東国原さんのおかげで、結構産業的のも観光地が目立つようになったんです。私たちはいい知事を選んだと自分たちでも思っています。

さて、そんな暖かい気候に向いているというのは当然外に出て遊ぶことだと思いますし、外で活動的に仕事をしたりすることでしょう。しかしインターネットという点で言えば、出会い系サイトがいいかなと思います。宮崎の気候は暖かくて気持ちがいいものです。ですから基本的に男女の出会いを促進して、そして前向きになれる出会い系サイトは温暖なイメージがあります。

そのせいもあってか、かなりカップルの成立率も高いという風に聞いています。逆に寒い地域や、あまりにも東京のように人が多い地域では上手くいかないということなんでしょう。逆にそういう地域ではtwitterのようなものが流行しているようです。

皆さんは使ったことがありますか、twitterを。これ、一度見たら分かるんですけど、多くの発言がネガティブなものであったり、政府を批判するような、あまり前向きになれないものばかりなのです。もしくは全く意味のないつぶやきばかりですから、これは宮崎の温かい気候には全く適していません。

私も私の友人もみんなtwitterよりも出会い系サイトを使っています。そして女の子たちと仲良くなって、外で遊ぶんです。海に行くこともあれば、ドライブをすることもありますし、音楽をみんなで演奏して踊ることもあります。こういう事ができるのもやっぱり出会い系サイトならではなんじゃないでしょうか。

やっぱり何でも前向きになれることに男も女も夢中になりますよね。