イメージ

運命の人と出逢えたのは新潟のtwitter出会いを使わなかったから

新潟県十日町市在住 D.Mさん(31歳)
今付き合っている彼女とは今後結婚しようと思っています。それは彼女のことがきっと運命の人で、出会うべくして出会ったんだと私が思っているからです。彼女以上の人は今後出てこないでしょう。だからこそ、今何とかしないといけないと思っているのです。

一度私の友人からtwitter出会いというのを使わないか?という風に誘われたことがあります。今流行しているtwitterなら、たくさんの女性も利用しているから、そこでもっといい人を探したらどうか?というアドバイスだったのです。彼なりの優しさだったんだと思いますけど、私は断りました。なぜなら彼女がいるからです。実は彼女とはtwitter出はありませんが、新潟の出会い系サイトで出会ったんです。インターネットでの出会いという意味では同じですが。

彼女との出会い系サイトでの出会いは結構偶然もあったんです。私が贈ろうとしていた人にメールを送ったと思ったら、実はその人と間違って今の彼女に送ったんです。で、もう一回送ろうとしていた人にメールを送ったら、彼女からのメールだけが来て、彼女とメールをし始めたんです。

偶然から始まったメール交換でしたが、近くに住んでいるということもあって、よく会うようにもなりました。そうしたら彼女のことがすごく愛おしくなってきたのです。もうこれは好きになったんだな、と思って彼女に告白して付き合うようになったというわけです。

私たちが住む新潟の出会い系サイトの利用率は都会に比べると、どうしても少ないかもしれません。しかしtwitter出会いを進めてきた友人は未だに結婚できずに彼女もいません。断った私とは対照的な状況ですから、私が選択したことは間違いではなかったと思っています。