イメージ

宣伝ばっかりのtwitterでは岡山の男は出会いを見つけられなかった

岡山県備前市在住 U.Rさん(40歳)
ちょっと前からなんですけど、twitterアカウントの中にかなりの確率で宣伝のようなものが増えたのをご存知ですか?私だけが気づいている、ということじゃないと思いますけど、岡山の企業や風俗店なんかも使っているところは多いようです。そしてその宣伝アカウントがたくさんあるせいで、twitterが非常に使いにくくなっています。

おかげで、私もtwitter出会いをしていた時があったんですが、最近はめっきりやりにくくなってしまいました。元々twitter出会いというものが流行していた時というのは、今ほど人数が多くなくて、結構濃密なつながりのある中での事だったのです。ですから、ほとんど今のtwitterではできないと思ったほうがいいでしょうね。

企業の宣伝アカウントなどが多いために、それらに嫌気をさしてやめていく人も多ければ、そういうアカウントの中にはあえて女性のようなツイーとを繰り返して、自分のお店に導くかのようなことをしているところもあります。そう考えるともうあの頃のようなtwitter出会いは不可能だと私は結論づけています。

一応、それに変わる方法というか次善の策というか、そういうものもあります。それは昔ながらの出会い系サイトで出会いを探すという方法です。これならまず間違いなく相手側は出会いを見つけようとしていますから、出会いの確率は高くなります。サクラが多いという反論もあると思いますが、それはサイト選びの時点でだいぶ絞ることは出来ます。

とりあえずこれだけメジャーなツールになって、宣伝アカウントや商売のために使う人が増えてくると、純粋な使い方はできなくなってきます。今後は出会い系サイトで純愛を探すほうが効率はいいでしょう。