イメージ

twitterさえも出会いツールにしたがる、沖縄の男は嫌われている

沖縄県宮古島市在住 M.Jさん(35歳)
女の子から嫌われたら、もうそれだけで生きていけません。っていうくらい私は女の子と話をしたりするのが大好きです。遊びに行くときも女の子がいるかいないかで、かなりテンションも変わります。でも、ほとんどの男性は女性が好きですし、私と同じような感じじゃないでしょうか?

とりあえず沖縄では今、嫌われている男というのがいるんですよ。私じゃないですよ、私は嫌われたらそれだけで死んでしまいます(笑)実はある男性というのはtwitterで口説いてくる男性だそうです。その男性、かなり色んな女性からブロックされているようですが、それでもめげずにたくさん声をかけているそうですよ。スパムとして、何回かアカウントも停止されていたようですけど、その度にアカウントを変えてまた口説き始めたと聞いています。

たぶん女性たちは沖縄のこのゆっくりとした時間間隔と同じで、あんまりガツガツした男性は好きじゃないんです。そしてその男性たちがtwitterという恋愛に使うべきじゃないツールでも、それだけガツガツと寄ってくるので、これは駄目だと拒否反応を次々に顕にしているということでしょう。

だから女性たちに好かれるために、私はいろんなことを研究したんですけど、その中で一つ言えることは、出会い系サイトで程よくメールを送るくらいがいいということです。そうですね、メールが来たからすぐにメールを返さないといけないという考え方も、間違っていると思います。自分のペースで返したい時に返す、そういう男性が沖縄ではモテるんです。

こういう時間間隔がわからないということは、きっと内地から北人なのでしょう。しかもtwitterは流行っているからきっとうまくいくと思ったのかもしれません。残念ですが、沖縄には沖縄のやり方があって、それは出会い系サイトをうまく使うことなんですよね。