イメージ

女子大生はtwitter出会いを求めず、千葉の出会い系サイトを使う

千葉県野田市在住 J.Sさん(28歳)
年齢的にはまだまだ若いと思って、20代前半の人たちと話をしていますが、やっぱり合わないところというのはあるんですよね。たぶんもう30代手前なので、30歳くらいの人達のほうが話が合うのかもしれません。とは言え、女子大生とか若いOLの女の子たちと話をしたいと思うのが、普通の男子でしょう。

だから出来る限り話を合わせたいのですが、最近全く話しが合わないなと思ったのは、twitterについてです。女の子たちと話していたら、「twitter出会いってあるよね?どういう風に使っているの?」という質問に対して「え~、twitterは仲良しの人たちとだけ使ってるよ。それ以外は全然使わないもん。」「そうなの?じゃあtwitter出会いとかも無し?」「うん、なにそれ?って感じ。」というのです。

じゃあどうやって出会いとか作るの?と聞いたら「やっぱり友達の紹介とか合コンが多いけど、自分で何とかしようとしたら絶対出会い系サイトかな。千葉の女の子たちはみんなそうなんじゃないの?」というのです。なるほど、確かに千葉には専門の出会い系サイトなんていうのもありますし、東京にも近いので出会いが多いということもあるでしょう。

私はてっきりtwitter出会いのほうが多いものだと思っていたんですけど、千葉の若い女の子たちと話をしたり、なかよくなるなら、絶対に出会い系サイトのほうがいいんですね。そういうことを知って以来、出会い系サイトやtwitterの使い方が変わりました。

そのおかげもあるんでしょうか、かなり出会いの確率が上がったような気がします。出会い系サイトに力を入れるようになって、twitterは遊びで使うように変えたからでしょうね。女の子がどういうふうなものに興味があって、どこで出会いを求めているかを知れば、自ずと攻略も楽になります。