イメージ

田舎の鳥取でもtwitterを使えば出会いがあると思っていたのに…

鳥取県智頭町在住 Y.Aさん(25歳)
私はずっと都会に出ずに地元鳥取にいました。テレビを見ていると、世の中にはたくさん都会があるんだなぁと思って、憧れながらもそういうところへは行けないんだろうなと思っていました。それでもそれなりに幸せだと思って過ごしていたので、特に文句はありませんでした。

でも流石に女の子との出会いが少ないのはちょっとどうかな、と思うようになったのです。そこからちょっと努力して出会おうとしているんですけど、やっぱり学生時代とかのように、自動的に男女が同じ教室にいて、出会いがあって…ということはないんですよね。だから自分から探しに行かないと行けないわけです。

その一つとして使ったのがtwitter出会いです。なかなか理解されない事が多いんですが、鳥取ではこういうITのウェブサイトを使うことにあまり前向きじゃない人たちが多いらしく、私もやってみてわかったんですが、twitterの登録者数自体が少ないんです。若い人ならみんなやってるんじゃないかと思っていたんですが、甘かったですね。

とは言え、それでもちゃんと出会い系サイトには人がいるんです。どうもtwitterのような最新なウェブサービスとかは嫌いなようで、逆に昔からある鳥取の出会い系サイトなんかには人が集まっているんです。変な現象だなぁと思いながらも、出会い系サイトを使ってみたら、twitterを使っていた時とは全く違い、すごいいい感触でした。

なぜなら出会い系サイトを使ったことで、私に彼女ができたからです。彼女は私の大事な人になりました。今のところ、彼女とのデートは週に1回程度のペースでやっていて、今後うまく行けば結婚もしたいね、なんて言っています。twitterでは鳴かず飛ばずだったのに、出会い系サイトだったらこんなにうまく行くもんなんですねぇ…