イメージ

経営学的に、東京ではtwitterよりも出会い系サイトのほうが有利

東京都あきる野市在住 G.Dさん(38歳)
一般的な経営学の理論というのがあるんですけど、その理論によると、東京ではtwitter出会いは向かないというのがあるんです。当然、モテモテの男であればそういうのは関係が無いんですけど、普通の男性ということで考えれば、まずtwitter出会いは東京ではあまり利用しないほうが得策だと言えます。

理詰めで考え、そして統計的な傾向を記したものが経営学なんですが、そのひとつに集中と選択というものがあります。これはどこかにヒト・モノ・カネを集中させて使うことで、ターゲットを明確にし、それらで一番になるという方法です。比較的小さい会社が大きな会社に対抗するため、こういった戦略をとります。

twitter出会いも同じです。東京には沢山の人がいますから、その中でも狙いをしっかりと定めます。そしてその小さなターゲット層の中を狙い撃ちすることで、うまくいくというわけです。そのため、多くの人をターゲットとしてしまいがちなtwitter出会いはどちらかというと大企業の戦略なので、オススメできないというわけです。

東京で普通の人たちが出会うなら、おすすめできるのは出会い系サイトでしょう。それもできるだけ地域や趣味などで細かく分けられるもののほうがいいと思います。そういった細かく分けた中のターゲットを狙うことが出来れば、きっと成功確率が上がると思います。

私はこういうコンサルティングの経験を生かして、男女の出会いに置いても同じような手法で成功するということを導き出しました。そのおかげで、私も毎月違う女性と遊べるくらいの余裕ができています。皆さんもぜひこの統計に基づいた理論を使ってみて欲しいと思います。そうすると、驚くような成果を上げられると思いますよ。