イメージ

twitterやめて山口の出会い系サイトを使ったら色々とはかどった

山口県周南市在住 K.Mさん(32歳)
なんにでも向き不向きというものがあるのは、誰もが知っていることだと思うが、それでも向いていない事を長々とやってしまうことは多くある。そういう場合、早めに見切りをつけてしまったほうが、色々と捗ることが多い。その内の一つが出会い系サイトについてだろう。

全国規模の出会い系サイトある一方で、山口の人たちが中心となって使われる出会い系サイトというものがある。これらを使えば、基本的にどちらが出会いが多いかがわかるのだが、基本的に東京などでは全国規模の出会い系サイトが強い。一方で山口に住んでいるなら、山口の人たちが多く登録している出会い系サイトのほうがはかどるのだ。

そしてこういう出会についての話はかなり動きが早い。昨日「これが一番出会える方法だ!」という風に言われていたことでも、今日になったら「実はこの方法が出会える!」という風になる世界だ。だから、今でもtwitterを出会い系サイトと同じように、出会えると思って使っている人がいたら、ぜひやめることをお勧めしたいと思う。なぜなら、辞めた瞬間からはかどるからだ。

例えば出会いの数一つとっても、かなり変わってくる。山口の出会い系サイトで1週間に二人の女性と出会えるという状況だったとすれば、大体twitter出会いは1ヶ月に一人レベルだ。それなら、このtwitter出会いをやめて、それにつぎ込んでいた時間を出会い系サイトに振り向けることで、一気にはかどることになるのだ。

まぁこう言うふうに単純計算とまでは行かないにしても、さすがに出会い系サイトを使うほうが、twitterで出会いを探すよりは簡単だということは、言っておきたいと思う。なぜならtwitterの利用者というのは思った以上に多くないからだ。その証拠に、まわりでtwitterをしていない人を数えてみてはいかがだろうか。